読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OMGbab

子育てを楽しむ

Hello World!!!_2016年ベストショット #2016bestshot

f:id:omg-ox:20161223231938j:plain

わが子、この世に誕生す

前回の記事からおよそ1ヶ月。
無事わが子がこの世にHello World \(^o^)/しました。

女児のパパになりました!

産まれたのは前回の記事を書いた数日後のことだったので、いまは生後約1ヶ月となります。慣れない子育てに奮闘するばかり。わずか3400gの人間に大人二人がてんやわんやで振り回されています。

母は強し。30時間の陣痛

少しだけ産まれたときのお話を。
深夜に産気づき、病院へ連れて行ったのですが、その時点では全く産まれる気配なし。初産ですし大事をとって入院することに。陣痛が来るたびに苦しむ妻を見てぼくは腰の辺りをサスサスすることしかできませんでした。

そこから産まれるまでなんと30時間。

妻はほんとに命がけで頑張ってくれました。頭が上がりません。

ぼくは立会いを希望していたのですが、あまりに長時間の陣痛のため、途中で自宅待機となりソワソワしながらその瞬間を待っていました。

そしてついに病院から「今すぐ来てください!」の連絡

急いでタクシーに飛び乗り病院に到着しました。

ナースステーションを覗くと誰もいないので、かすかに声のするほうに足を進めると、看護婦さんに抱っこされた赤ちゃん。

ぼく「どど、どちら様?!」

ナース「あ!産まれました^^」

OMG...間に合わず。

30時間もの陣痛の末、分娩台に乗ってわずか40分での出産。
ペース配分がなんだかオカシイですね。
「#2016年ベストOMG」な出来事でした。

妻の第一声

分娩室に入ると大仕事を終えた妻が横たわっていました。
あまり覚えて無いですが、「よく頑張ったね、ありがとう」的な声をかけたように思います。

おや?しかし妻の表情がなんだかドヤ顔です。

「これくらいなら二人目もイケる( ˘ω˘ ) 」

壮絶な出産を乗り越えての第一声。つよいなと思いました。

とにかく無事に産まれてくれてよかった

生まれる前は「美人だったらイイナー」とか「将来はどんな子になるかな」とか色々考えていたのですが、いざ産まれてみると、そんな事はもうどうでもよく、とにかく五体満足で産まれてくれてよかった。ただそれだけでした。

わが子に期待しない親はいませんが、彼女の人生は彼女自身が決めることです。
親としてできることはいつも寄り添い、道を踏み外さないようにしてあげるだけなのかもしれません。

子育てのこれから

今妻とわが子は妻の実家にお世話になっています。幸い近所なので、ぼくも時間を見つけては立ち寄り、子育てと妻のサポートをしています。げっぷさせるのは主にぼくの仕事となっています(わが家では一番上手い)

年明けから自宅で暮らすことになるので、またこれから忙しくなりそうですが、このブログを通して子育てに役立つ情報などが発信できればいいなと考えています。

とはいえ、慣れない育児をしながらなので、少しずつ更新していければいいかなと考えていますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

2016年もあとわずか、皆様良いお年をお過ごしください。

トピック「2016bestshot」について